安心した生活に向けて|アシナガバチ駆除は知識が必要になる|駆除で注意すること

アシナガバチ駆除は知識が必要になる|駆除で注意すること

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

安心した生活に向けて

巣

軒下や天井裏に注意

春から夏にかけて営巣する習性のあるスズメバチは、時折家屋の軒下や、天井裏などに営巣することがあります。春先から初夏にかけての蜂の巣は、まだ作成途中にあるため、そう大きなものではありません。しかし、夏から秋にかけては、営巣も終わり、蜂の数も多く、活発に活動するため、かなり危険な状態にあると言えます。また、巣を土の中の間隙を利用して作るオオスズメバチにも注意する必要があります。蜂は、巣に接近したものに対して、警戒、あるいは攻撃する習性がありますので、巣が出来ていることを知らずに、不用意に近づきますと、蜂の刺害に遭う可能性があります。蜂が飛んでいますと、音がしますので、すぐに分かると思いますが、市街地では、交通車両による騒音によって、蜂の飛ぶ音がかき消される場合もあります。蜂は、同じ箇所に営巣する習性もありますので、過去に蜂の営巣が行われた家屋の軒下や、天井裏には注意が必要です。そして、もし蜂の巣を見つけた際は、退治する必要があります。

専門家による安全作業

最近では、ホームセンターなどに様々な市販の蜂用スプレーが販売されているため、これらの商品を用いて一般人が蜂の巣に対して、蜂を退治しようとする人も増えています。しかし、市販のスプレーは、勢いよく噴射するため、すぐに無くなり、何本も必要となる場合もあります。そして、蜂を刺激することになるため、蜂の攻撃を受けて、大けがすることもしばしばです。特に2回目以降の蜂刺症は、アナフィラキシーショックを起こす場合もあり、その場合は生命の危険が脅かされることになります。そういった危険もありますので、蜂の巣を見つけましたら、専門家に蜂退治を依頼することが望ましいと言われています。専門家による蜂退治は、蜂防護服を着用や、高所作業車といった機材を用いるうえ、蜂が再び戻ってくることのないための措置も施してくれます。こうした専門家によって危険性の高い蜂の巣は、安全作業による徹底的な蜂退治によって、再び営巣することがなくなり、安心した生活を送ることができます。