害獣の駆除|アシナガバチ駆除は知識が必要になる|駆除で注意すること

アシナガバチ駆除は知識が必要になる|駆除で注意すること

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

害獣の駆除

はくびしん

害獣の特徴と習性を知る事

害獣を追い出したい、駆除したいと思った場合には、その害獣の特徴や習性を知ることがとても大切です。ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、雑食、夜行性です。見た目はその名前の通り、顔面に縦の長い白い線があり、イタチ科に似ています。通常は森林などの土穴で生活していますが、近年では人の住む場所でも見られるようになり、駆除対象となることも多くなっています。家の近所をうろついている場合にはまだ退治とはならないことも多いですが、屋根裏や縁の下などに住み着いた場合にはハクビシン駆除を考えるべきでしょう。追い出すことを目的とする場合には素人で頑張ることもできますが、ハクビシン駆除となった場合には業者に依頼することが一番よい方法となります。

害獣駆除方法

ハクビシン駆除は基本的には業者に依頼すべき事案です。その主な理由としては、勝手にハクビシンを捕らえることは鳥獣保護法で禁止されているからです。もちろん、保健所などで許可を得れば可能ではありますがそれなりの手間と時間を要します。それ以外の理由として、捕獲した後の処置についても悩ましいですし、そもそも捕獲すること自体ができない可能性もあり得ます。そうしたことを総合的に判断した場合には、ハクビシン駆除については専門のプロに委託することが一番であるといった結論となります。捕獲する方法としては、捕獲カゴを仕掛けて捕らえることが一般的です。また、狭い隙間から屋根裏や縁の下に忍び込むため、そうした隙間をふさぐことも大切になります。